【旅行】長野への家族旅行で雨?諏訪湖の近くなら「SUWAガラスの里」がおすすめだよ!

諏訪 ガラスの里

 

せっかくの家族旅行で雨。

いやですよね。

でもこればかりはどうしようもありません。

雨が降ったことを嘆くより、雨が降った中で楽しむにはどうすればいいかを考えるしかない。

あなたがもし長野県の諏訪周辺で雨に降られたのなら、あるいは当日が雨になりそうなのであれば、ぜひ「SUWAガラスの里」へ行ってみてください。

お子さんも十分楽しむことができますよ。

 

スポンサーリンク

SUWAガラスの里

 

諏訪湖のほとりにあります。けっこう大きな建物。

駐車場も広い。これは駐車場からのぞんだ諏訪湖。この時は雨はやんでいました。

 

諏訪 ガラスの里

 

中に書いてあったのですが、ここは国内の『観光・食事・土産物私設』の第6位に入っているそうです。意外にすごいところなんだ!

参考 : 第37回「観光・食事・土産物私設100選」

見たところは「SUWAガラスの里美術館」がメインと考えてよさそう。

※SUWAガラスの里の美術館の入館は有料です。
・一般料金 高校生以上¥500-/(中学生以下)無料
・団体(8名様以上) 高校生以上¥400-/(中学生以下)無料
特別展の場合は料金が変わる場合があります。

 

もちろん好きな人は美術館を見るのもいいでしょう。

でもたいていの子どもは美術館にはあまり行きたがらないですよね?ウチもそうでした。

安心してください。美術館に入らなくても十分に楽しめます。

 

家族で楽しめるセレクトショップ

 

ひとつにはこのセレクトショップ。入口を脇にそれ、階段を下ったところにあります。これが非常に大きい。国内最大級だそうです。

ガラスの里のセレクトショップですから当然ガラス製品が多く、アクセサリーや雑貨、酒器やランプなど多種多様な作品が並んでいます。これが見ているだけでも楽しい。

ウチもカミサンとムスメがあれこれ見ているのはもちろんのこと、中二のムスコもそれなりに興味深そうに見ていました。

セレクトショップを出る階段のわきにはこんなものが。

諏訪 ガラスの里

 

階段が写りこんでいるのが分かるでしょうか?

直径1メートルのガラスの球です。重さは確か680㎏くらい。

 

ただ、いくら広いといってもセレクトショップだけではどんなに長くても1時間です。それ以上は持ちません。

でも大丈夫。ここにはこんな場所があるんです。

 

子どもが喜ぶ体験工房

 

セレクトショップの奥の一角にありました。外から見た様子。

諏訪 ガラスの里

 

自分でいろいろな物が作れるというアレですね。

似たような施設は日本国中のいたるところにありますが、このガラスの里の体験工房はなかなか本格的な感じです。

製作できるものの種類が多い。

ガラスの里

 

ロックグラスもある。

諏訪 ガラスの里

 

個人的にはこのハンコがよかった。

諏訪 ガラスの里

 

ムスメとムスコに聞いてみたらやりたいというので体験してみることにしました。

これは中の様子。

 

 

繁盛しています。

 

子供たちのガラス制作体験

 

ムスメはお皿を、ムスコはオーナメントを作ることにしました。

 

下絵

まず最初に紙に下絵を描きます。

さっさか描いていくムスメ。

 

諏訪ガラスの里

 

それに対し、これからスマホで描くものを探し出すムスコ。おいおい…

 

諏訪ガラスの里

 

見かねて工房の人が助け船。すみませんねー。

 

諏訪ガラスの里

 

それでピカチュウを描きはじめるものの…そもそも中二でピカチュウ?

諏訪ガラスの里

 

やはり断念。消して紙を見つめるムスコ。頼むよ~

諏訪ガラスの里

 

隣ではムスメが完成した絵を見つめる。

 

笑えるこの構図。いまだ真っ白のムスコ。

諏訪ガラスの里

 

 

ようやく決まったらしい。幾何学的な模様を描きはじめる。

諏訪ガラスの里

 

こちらは待ちくたびれた様子。

 

諏訪ガラスの里

 

くりぬく

描いた下絵は工房の人が機械を使ってくりぬけるように加工してくれます。

それを細いナイフを使ってくりぬいていく。

諏訪 ガラスの里 諏訪 ガラスの里

 

模様が細かすぎるとくりぬくのも大変です。字を入れた場合も線同士がつながってしまって読みにくくなる場合があるので気をつけてください。

 

サンドブラスト

くりぬいた紙を皿、オーナメントに貼りつけ、いよいよサンドブラストです。研磨剤を吹きつけるわけですね。

工房の人と研磨室に入る2人。

諏訪ガラスの里

 

両手でもって動かし方を教えてもらいます。

 

ではサンドブラスト開始!

ここでは意外にさまになっているかな?

 

諏訪ガラスの里

 

ここでぼくは上からスマホをかざしてスタッフさんに注意されました。いるんだよね~こういう迷惑な人w

 

完成!

ついにできました!

諏訪ガラスの里

 

2人とも大満足のご様子。

ちなみに今回体験したのはこの中の「サンドブラスト体験」。

諏訪 ガラスの里

皿が2,500円、写真立てが2,800円でした。

青字で『小さなお子様にお勧めの体験です』と書かれています。

その下の「ペーパーウェイト」は電気彫刻機でウィーン!と削るものです。こっちはより本格的。

 

体験時間は約40分と書かれていますが実際は1時間30分かかりました。写真立てがもともと時間がかかるそうです。親はけっこう待つことを覚悟しましょう。特に昼をまたぐときはお腹が空くので注意してくださいね。

 

雨じゃなくても「SUWAガラスの里」はおすすめだよ!

 

なんだかんだでここ「SUWAガラスの里」で3時間過ごしました。2人とも非常に楽しそうでなりより。

名前だけ聞くとガラスの美術品を見るところと考えてしまいがちですがここはそんなことありません。美術館を見なくたって十分に楽しむことができます(あ、でも時間に余裕があったら美術館も見てね)。

諏訪湖周辺には他にも美術館、博物館があるようですが、お子様連れならここがいちばんいいと思います。

おいしそうなパンが並んでいるレストランもありますから食事のために移動する必要もなし。

レストラン カンパーニュ 焼きたてのパンと洋食のお店

雨じゃなくても行く価値あり。

諏訪湖周辺の観光なら「SUWAガラスの里」とってもおすすめです!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です