45歳以上の人が対象の横浜市の大腸がん検診 費用は?

 

 

横浜市に住む45歳以上の方、自宅に届いた市のがん検診のお知らせ、そのままにしていませんか?

 

スポンサーリンク

大腸がん検診

 

初回は受付ですべて完結します。

 

①市のがん検診を受けたい旨を伝える

 

②検便のキットを渡される~2日分の便の採取が必要

 

600円を支払う(お知らせの紙には書かれていません)

 

※④「できれば今月中に持ってきてください」と言われる

※最後の今月中というのはおそらく今月中に検査費用を計上したいという病院側の都合でしょう。でもこっちだって仕事をしているし、休みの日も限られているし、もしウンチが都合よく出なかったらどうすんだと、若干便秘気味の僕は後になって少々フンガイしました。

 

 

2度目診療

 

2度目の診療に行く日から逆算して便を採取する計画を立てました。


2日前に1回目を採取、万が一その次の日に便が出なくても、当日の朝に再チャレンジできるように段どりしました。便秘の人間はいろいろ大変。


それからはできるだけ野菜を多くとるように心がけ水分も多めに取りました。その甲斐あって2日分の採取に成功。

クリニックに持っていくと全然待たされることもなく、受付の人にキットを渡して終わり。「では1週間後以降にきてください」

 

 

3度目診療~検査結果

 

その後、予定がうまく合わず結果を聞きに行けたのは約2週間後。

 

さすがに検診の内容が内容だけに若干緊張しつつクリニックを訪れ、受付で検診の結果を聞きに来た旨を伝えました。

 

初回と2度目は受付ですぐ対応してくれましたが、今回はちゃんと診察を受けなくてはならないらしく、他の患者さんに混じって待つことに。

 

30分くらいたってから診察に呼ばれました。イスに腰かけるやいなや先生は1枚の書類を差し出しながら事務的な声で言いました。

 

「あー、これ結果です。何も出ませんでしたからこちらに説明を聞いたというサインを下さい」
「あ、分かりました」と僕も同じような口調になって答えました。

 

以上で診察は終わりです。僕はクリニックを後にしました。それからちょっと立ち止まって、なんともなかったことに感謝しました。

 

 

締め切り前は混むのでお早めに

 


病院には都合3回、足を運ぶことになるのですが、検査自体は簡単なものですからぜひ積極的に受けることをお勧めします。締切が年明けの3月ころですが、締め切り前はけっこう込み合うそうですので早めにいくのが吉です。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です