【夫婦関係改善】性格が正反対の夫と妻

夫婦関係改善のプロジェクトですから当該者は決まりきっていますが、あらためてそれぞれの特徴を簡単に紹介しておきます。

【夫婦関係改善】今のままで本当にいいの?冷えきった関係を改善させよう!

2017.10.28

 

スポンサーリンク

計画における当該者紹介

 

40代後半。販売員。

神経質、潔癖症、内向的、仕事きらい

神経質系→「自分は強迫性障害かもしれないと思ういくつかの症状

潔癖症→「潔癖症であることを証明する私の5つの症状はこれ。ああ、潔癖症男はつらいよ

 

とにかく小さなことが気になる!

40代後半。事務職。

細かいことを気にしない、大ざっぱ、社交的、家事きらい

 

うるさいこと言われるのが大きらい!

 

☆なぜにんじんとトマトなの?

僕はここ何年も髪型を「ソフトモヒカン」風にしています。横後ろを刈りあげて、上の中心だけ少し長めにするやつですね。楽だからずっとこれです。

 

顔が細長い上にてっぺんの髪の毛が逆立っているものだから「バート」と言われたこともあり。

☆右側です。バート。

 

で、ムスコがまだ幼稚園生だったとき、髪を切って家に帰ってきた僕を見て言ったのです。「にんじんみたい」

 

それが理由です。大した意味はないですね。まあ、ちょうどブログカラーもオレンジということで。

 

夫がにんじんなのに妻がそのままではヘンなので、とりあえず無難なところでトマトにしました。梨好きだから梨の絵でもよかったんだけど、それだと地味な色になりそうでしたから。

 

夫婦関係の変化

 

上を読んでいただくと分かるようにこの2人、

 

ほとんど共通点がありません性格も考え方もすべて逆

 

それがどうして結婚に至ったのかというと、もう「勢い」としか言いようがありません。2年つきあってお互い相思相愛のまま――なんて書くと背中に鳥肌が立ちそうですが――ゴールイン。結婚なんて、勢いがなければそうそうできるもんじゃありませんww

 

それにくわえて当時の僕が神経質なところを隠していたからでしょう。隠していたというか、20代の時はそれを補う部分がまだあった。たぶん。

 

あれから22年

 

常夏の熱帯から針葉樹の凍るツンドラへ。あふれるような水を貯える湖からカラカラに乾いた砂漠へ。

 

歳月はあれだけ仲がよかった夫婦をただの同居人にしてしまったのです。

 

それを1年かけて元の状態に戻そう、近づけようというのが今回の事業目的です。

 

計画遂行における報告フォーマット

 

  • 月曜日から日曜日を1つのタームとする
  • その期間の具体的施策の結果を翌週に更新する
  • 該当期間内における夫婦の会話の内容、特記事項を記載する
  • 毎週、「気づき」「得られたもの」を明記する

 

とりあえずこんな形で開始します。

 

始めてみないと分からないけど、とにかくたくさん書けるようにがんばるよ!

 

ここから始まります!

【夫婦関係改善】妻に外見に関することを言ってはいけない~第1週

2017.11.06

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です