向いてない仕事をやり続けた場合に起こること。転職を考えるなら早めに行動したほうがいい。

 

  • 自分に向いてない仕事をしている
  • 向いてないけど他にできることがないから続けている
  • やめたいけどやめたら給料をもらえなくなるからやめられない

 

そんな状態のまま、自分に向いてない仕事を続けていませんか?向いてないと分かっていても、やめたときの不安からとりあえず続けていませんか?

 

今はそれでもいいのかもしれません。

 

でも、ここであなたに聞きたいことがあります。

 

10年後20年後はどうなっていますか?

 

向いてないその仕事を続けて、10年後20年後、あなたはどうなっていると思いますか?

 

スポンサーリンク

 

向いていない仕事を続ける

 

誰もが好きな仕事につけるわけではありません。誰もが自分に向いてるという仕事ができるわけではありません。

 

就職したのはいいけれど、希望する職種とは違う部署に配置されてしまった。苦手な職種の仕事をすることになった。それ以前に、就職自体が大変で希望の職種なんて言ってる場合ではなかったということだってあるでしょう。

 

気がついたら思いもよらぬ仕事をすることになったというのはよくあることです。

 

実はわたしも、就職のときの目的性のなさが災いして、気がついたら仕事の中でももっともやりたくないと思っていた営業になってしまいました。

 

そこからはつらかった。30代になってとんでもないパワハラ上司のもとで働くことになり、鬱のようになったこともあります。

 

それでも続けた。つらくてしょうがなかったけど続けた。

 

なぜならやめたら仕事がないと思っていたからです。

 

 

向いてない仕事を続けてやがて起こること

 

職種自体が向いていなくても、環境によっては続けられることもあります。また、慣れというのは大きく、5年10年と続けていると、多少数字が悪かろうともその仕事が自分にとって当たり前のことになっていきます。

 

  • 職場の人間関係がいい
  • 上司に恵まれている

 

こんな状態だと、たとえ仕事の内容が自分に向いていなくても、たとえ給料が安くても、居心地のいいその場所を離れてしまうことが考えられなくなってきます。そして向いてない仕事を続けていく。あなたはそんなことありませんか?

 

が、そのままそこに居続けるとやがて2つのことが起こります。

 

職場が変わる、人間関係が変わる

 

居心地のいい場所にいるとその状態が永遠に続くように錯覚してしまいがちですが、そんなものはありません。

諸行無常、世の中で変わらないものはありません。職場もしかり。必ずどこかで変化が訪れます

 

  • 上司が替わる
  • 新しい人が入ってくる
  • 職場が統合される
  • 異動になる

 

こんなことで環境はガラリと変わります。本当にガラリと。今までそこにあった居心地のいい職場というのは、実はとてももろい土台の上に成り立っていたんだということに気づきます。

 

向いてないけど続けられた、の大きな理由のひとつであった「居心地のいい職場」。大事な大事なこの要素が突然の強風で吹っ飛んでいくことなどいくらでもあるのです。

 

加齢による体力、精神力の衰え

10年20年と働き続けることで変わってくるのは環境だけではありません。あなた自身も変わっていきます

 

それが体力と精神力

 

30代、40代前半までは問題ないですが、40代後半くらいから少しずつ衰えが感じられるようになります。人によって差はあるとはいえ、誰しもどこかで必ず訪れる。

 

そうなる前は分からないのです。自分はそんなことにはならない、と心のどこかで思っている。体力はともかく精神力は、心は、気持ちは、いくつになっても変わりはしない、そんなふうに思っているんです。若いときは。

 

でもそれは違います。

 

体力はもちろん、精神力だっていつまでも同じじゃないのです。

 

自分がそうだったから分かります。ここ数年、明らかに忍耐力が低下している

 

ちょっとしたことで頭に来ることがふえたし、そもそもがまんしようという気持ちがなくなってきています。仕事中はもちろんがまんしますが、でもそれは昔のがまんとは違う。心の中で、もうやってられない!という思いが日に日に増長しているのが分かるんです。

 

忍耐力だけはあった――というか忍耐するしかなかった――自分でさえそうなのです。

 

変わるのは環境だけでなく、自分自身も変わっていくとはこのことです。

 

2つの変化が同時に起こった時に感じる「仕事やめたい」

 

ここで想像してみてください。

 

今あなたは向いてない仕事をがまんして続けています。でも環境のよさ、人間関係のよさもあって続けることができていた。

 

それがこのように変化したらどうですか?

 

「向いていない仕事」

+「環境の悪化」「人間関係の悪化」

+「加齢による体力、精神力、忍耐力の低下」

 

ここから導き出されるものは何ですか?

 

わたしはこうでした。

 

=「もうやめたい」「会社やめたい」

 

何度も言いますが、もともと向いてない仕事だったのです。でも他にできることがないから無理してなんとか続けてきたのです。それはひとえに人間関係がよかったこと(上司は最悪な時もあったとしても)、そして若くてまだ踏ん張ることができたからです。

 

でも25年以上働いてきた今、その2つともが失われてしまいました。こうなってしまっては、これ以上いまの仕事でがんばろうという気持ちは失せてしまいます。今の仕事に対するモチベーションは完全に損なわれてしまいました。

 

 

長年、向いていない仕事を続けてきたから他の職種の仕事ができない

 

今いる会社をやめようと思った場合、ほとんどの人が「次の会社」を考えますよね?今の会社をやめることを考えた場合、真っ先に考えるのは「転職」ですよね?

 

わたしも漠然とそれを考えました。

 

が、そのときになって立ちはだかる大きな壁の存在に気づき愕然となりました。

 

自分にはできる仕事がない

 

それは非常にショッキングな事実でした。

 

考えてみれば当然のことです。長年にわたり向いていない仕事だけを続けてきた自分には他にできる仕事がない

 

何気なく求人欄や求人サイトをパラパラと見るとき、目が自然に営業や販売を追いかけてしまいますが、それはそもそも自分に向いてない仕事なのです。

 

向いてない仕事をこの年齢から新しい会社で始めることなどできるわけがありません。それができたら今の会社でもやっていけます。

 

それができないと判断しての転職活動なのに

 

  • 営業、販売しか選べない
  • 他の職種はできない

 

となったら、もうわたしには選ぶ仕事がありません。

 

もうわたしには「次の会社」などないのです。

 

もっと早くから行動すべきだった

 

50歳の足音が近づいてきている今、痛切に思います。

 

  • <なぜもっと早く行動しなかったのだろう
  • なぜ向いていない仕事を続けてきたのだろう
  • 向いていないと分かっているのならなぜ他の職種にチャレンジしなかったのだろう

 

「職場の雰囲気がいい」とか「人間関係がいい」とか「仕事に慣れてしまっている」といったことは一時的、表面的なことであり、仕事の本質ではありませんずっとその状態が続くわけでもありません。

 

年をとって私のように身動きがとれなくなってから、

 

他の仕事をしたい・・・

 

と思ってももう遅いのです。他の仕事をしたくても、年とってから未経験で雇ってくれる会社などありません。

 

だからやりたいことがあるのなら、興味があるがあるのなら、少しでも早くから経験を積んでおくべき

 

「人間関係」とか「慣れ」とか本質的ではない部分にとらわれている場合ではありません。目的を見誤ってはいけない。それはいつか必ず変化します。

 

そのときのためにも、やりたいことを探すべきです。熱意をもって打ち込める仕事を見つけるべきです。そしてそのための行動をとったほうがいい

 

向いている仕事を探すことに全力をあげよう

 

わたしは年が年なので切羽詰まっていますが、20代30代のあなたならまだ時間はあります。40代前半でもまだ大丈夫。私が今40代前半に戻れたら小躍りして喜びます。

 

もしあなたに、このまま向いていない仕事を続けていいのかという気持ちがあるのなら迷っている時間はありません。今から行動に移しましょう。

 

昔と違い、今は数多くの転職サイト、転職支援サイトがあります。

 

担当のキャリアアドバイザーがおひとりおひとりの転職実現をサポートします。「キャリアプランや転職の方向性を相談する」「応募企業ごとのアドバイスをもらう」「企業との交渉を代行してもらう」などは転職エージェントならではのサービスです。

~「リクルート・エージェント」公式サイトより引用

 

あなたが気づいていないスキルや価値を見つけるのが私たちの仕事です。

自分ではたいしたことない、と思っているスキルやご経験が、他の企業や業界ではとても価値がある、ということもありえるのです。

~「リクルート・エージェント」公式サイトより引用

 

転職エージェントはあなたの転職活動を強力にバックアップしてくれます。

 

  • 非公開求人情報の紹介
  • 企業との面接、入社日の調整
  • 履歴書、職務経歴書の書き方の指導
  • 面接力セミナー等、面談の指導

 

転職のことを考えているとどうしてもひとりよがりになりがちです。過大評価になったり、過小評価になったりすることもあるでしょう。

 

そんな中、自分のことを客観的に評価してくれるサービスはとても貴重です。

 

転職支援サービスに登録する。その行動自体は小さな一歩ですが、あなたの将来にとって大きな一歩になります。

 

何度も言いますがわたしのような年齢になってからでは手遅れです。悩んでいるうちに時間がどんどんすぎていく、ということにならないためにもまずは行動に移してみてください。

 

転職支援実績No.1
>>リクルートエージェントに登録する

 

スポンサーリンク