春休み到来!学生服を修理するなら今のうち。その期間、料金は知ってる?

 

待ちに待った春休み到来!!

なんて浮かれているのは子供だけですよね?親からしてみれば1日中うるさいのに家にいられて大変なだけ。学校行ってくれてる方がよっぽど楽!

・・・というのは宇宙人のような中二病のバカムスコを持つわたしの感想ですが、どの家庭も似たりよったりなのではないでしょうか?

そんなボヤキはさておき、成長期の子供を持つ親にとって子供が春休みのうちにできればやっておいたほうがいいことがあります。

そうです、学生服の修理です。

 

スポンサーリンク

子供の学生服の袖丈、裾、ウエストをチェック!

 

いま一度、お子様が学生服を着たときの様子を見てみてください。

毎日目にしているので気にならなくなっているかもしれませんが、あらためて見るとこんなふうになっていませんか?

  1. 上着の袖丈が短い
  2. ズボンの裾が短い
  3. ウエストがきつそう

 

中学、高校ともなると身体が大きく成長します。入学した時はあんなにダブダブのブカブカ、まるで学生服に着られているかのようだったのに、気がつくと身体ばっかりでかくなって、袖丈が短いズボンのすそがつんつるてんズボンは一番上のホックを外して履いている、なんてことになっているお子さんも多いのではないでしょうか?

 

子供だって、合わないサイズはみっともない

 

学校行くだけだからいいよ。

ちょっとくらい短くたってかまやしないよ。

子供も別に気にしてないみたいだし。

――そんなふうに思っていませんか?

 

それ、違います。

わたしは服飾の関係の仕事に就いていて、店頭でいろいろなお客様を目にします。

この時期はちょうど新入学シーズンということもあり、学生服を作りに親子で来店する人も多い。

そんな中、たまに子供さんがとんでもない「つんつるてんズボン」でやってくることがあります。

くるぶし丈のパンツ、とかそういうのじゃありません。単に「裾が短すぎる」のです。靴下の白がやけに目立つ。

そういうシーンを見ると販売員の人は口々に言います。

「どうして直さないんだろうね?」

「どうして親が言ってあげないんだろうね?」

「かっこ的におかしいと思わないのかね?」

これは販売員だから、販売員だけがそう思うというわけではありません。販売員が思うということは、一般の人だって同じように感じる人はいます。

はっきり言いましょう。

 

袖丈が短かったり、裾が”つんつるてん”なのは相当みっともない。

 

これ、ホントです。

もしあなたのお子さんがそういう状態で学生服を着ているのなら、悪いことは言いません、この春休みに学生服を修理に出してあげましょう。

 

学生服の修理は無料でやってくれるお店もある

 

もちろん購入したお店によりますからどこでもそうだとは言いません。

でも学生服の場合はふつうの服と違って無料修理期間、無料修理箇所があることが多いはずです。

それを利用しない手はない!!

 

学生服の無料修理箇所

わたしが知っているお店では以下のようなサービスを提供しています。

  1. 上着(学ラン、ブレザー、セーラー等)の袖丈出し
  2. スラックス、スカートのウエスト出し
  3. スラックス、スカートの裾出し

以上3箇所は学生服購入後3年間は無料

 

すべて「出し(長くする)」なのがポイントです。「詰め(短くする)」の場合は有料になります。

 

いいですか?無料ですよ?購入後3年間も。

つまり留年でもしないかぎり在学中は無料で上記3か所の修理をしてもらえる。

これ、けっこう知らない人多いです。

学生服の場合は取扱い店舗はデパートから学生服専門店、個人で営んでいるお店まで幅広くありますが、アフターフォローに関してはそれほど差がないはずなので購入したお店に確認してみてください。

 

学生服の無料修理期間・日数

これは実は学校によって違います。

というのも学校によって作っているメーカーが違うから。

同じ学校でも男子、女子でメーカーが違うこともあります。制服、体操服で別のメーカーが作っていることもあります。実はけっこう入り組んでいる学生服の世界ww

なので目安はこれくらいと考えておいてください。

学生服無料修理に要する日数
1週間~2週間

 

夏休みと違って春休みはそんなに長くないですからね。せいぜい長くて2週間くらいでしょう。

そうするとギリギリになる可能性もあります。始業式に間に合わなかったら元も子もないですから。

前もって早めに販売店に確認しておくことをおすすめします。

 

修理を依頼する際の注意点

スラックスやパンツを買うとき、たいていの人は裾を詰めますよね?足が長い人はいざしらず。

そのとき裾詰めはきれいにできますよね?

それがあたりまえだと思いますよね?

これが「詰め」ではなく「出し」の場合は違います。

どう違うかというと、

 

あとが残る!

 

袖にしろ、裾にしろ、出した分だけそこに一本の線が入ってしまうのです。

これがけっこうはっきり分かる。「袖丈出しました!」感がはっきり分かります。

着ているうちに消えてくるのかと思いきや、そんなに消えてこないようです。

お店の人に聞いてみましたが、こればっかりはどうしようもないそうです。一度プレスされたところを出すわけですからどうしても線が残ってしまう。

だから学生服のお店に修理を依頼して、袖や裾に線が入っていても

 

こんなんじゃ着れないじゃないか!!

 

なんて文句を言ってはいけません。

でもそれだってつんつるてんで着ているよりはよっぽどいいですよ?

 

適正なサイズの学生服で新しい学年を迎えさせてあげよう

 

春は進学の季節です。新しい学年のスタート。

クラス替えが行われるところがほとんどでしょう。

ウチのバカムスコでさえ、スマホから顔を上げときどき口にします。「どんなクラスになるかな~?」

3年生だからもっと別のこと気にしろ、この前の成績表はありゃなんだ?・・・とも思いますが、やっぱり誰だって新しいクラスのことは気になりますよね?新しい友達との初めての顔合わせ。

そんなときくらい、ちゃんととサイズの合った学生服を着させてあげましょう。

 

始業式はいつですか?

4月の上旬でしょうから修理期間によってはまだまだ間に合います。

ギリギリになってあわてる前に今のうちにやっておいたほうがいいですよ!

 

スポンサーリンク