【モンブラン】アンテノール『渋皮栗のモンブランロール』

モンブランロール

 

『渋皮栗のモンブランロール』

買上店舗   アンテノールそごう横浜店

価格     1,500円(税抜)

 

スポンサーリンク

 

モンブランを探しにそごう横浜店に

 

ある日、仕事帰りにそごう横浜店さんに寄りました。

 

あちこちのお店に美味しそうなケーキがズラリと勢ぞろいしています。

 

どのお店にもモンブランがラインナップされており、人気の高さを伺い知ることができます。

 

モンブラン好きの私にはデパ地下のスイーツ売場はまるで天国です。これで財布にうなるほどお金が入っていたら言うことありません。

 

ファウンドリーでは高くて買えず

最初に目についたのは『ファウンドリー』。確か自由が丘のケーキ屋さんですね。

 

なんと!お店の一角にマロンケーキ・コーナーができているではありませんか!

 

3つか4つくらいの種類の栗のケーキが所狭しと並んでいます。どれも作りが凝りに凝っていて、オソロしくうまそうです。いったいどんな味がするんでしょうか?

 

しかし、値段を見てビックリ。1個が800円近い!

 

確かにめちゃくちゃウマそうですが、そんなに大きいわけでもありません。むしろ小さめ?これではあっという間に胃袋に消えていくでしょう。

 

家族4人に買っていったら軽く3,000円超えです。

 

今日のぼくの予算は2,000円。

 

ここはきっと『自由が丘夫人』じゃないと買えないんだ、ぼくのような一般庶民はお呼びじゃないんだ、とすごすごとその場を後にしました。いつかはここで5個くらい買えるようになりたい…

 

気を取り直してグルリとまわるとこちらにもやたら人だかりがしているお店が。

 

アンテノールで購入

それが『アンテノール』でした。

 

ショーケースに並んだケーキの美味しそうなことといったら。

 

彩りがキレイだからでしょうね、どのケーキもキラキラと輝いているように見えます。

 

あまり近づくとすぐ声をかけられそうなので、最初は遠巻きに見ていました。

 

目指すは2,000円以内で買えるケーキ。

 

カットケーキはここでも500~600円くらいします。2,000円ではちょっと苦しい。

 

すると隣のケースに美味しそうなロールケーキを発見しました。それもなんとモンブラン

 

しかも『当店人気No.1』と書かれています。めちゃめちゃウマそうやん!!!

 

値段は1,500円!プラスタックス!

 

イケル!2,000円でイケル!

 

ぼくの胸は高鳴りました。高鳴っていましたが平静を装ってカウンターに近づきました。

 

「いらっしゃいませ!」と若い女の店員さんが応対してくれます。

 

「これください」オトーサンは言葉少なに頼みました。

 

「ありがとうございます!渋皮栗のモンブランロールですね?1,620円です!」

 

「渋皮栗のモンブランロール入りましたァ!」と店員さんは中の人たちに大きな声で伝えました。なんだかボトルキープしたみたいだナと思いました。そんなことしたことないのですが。

 

アンテノールのケーキを食べてみる

 

家に帰って家族に「ケーキあるよ」と伝えました。

 

反応したのはムスメだけで、中1のバカムスコはスマホゲームから眼を上げず、残業で疲れ切ったカミサンはまったくノーコメント。まあ、あまり大層なことを期待しない方がいいのはわが家の常。

 

オトーサンは、しかし、自分でいそいそと箱からケーキを取り出します。

 

アンテノール

 

はあ~、ウマそう~!

 

アンテノール

 

見よ、この見事な栗を。

 

アンテノール

 

そしてウマそうなマロンクリームを。

 

ただ、家の照明の下で撮ったから色合いがイマイチ。青っぽく写ってしまっているからよさが伝わりきっていないかも。残念。実物はこの10倍ウマそうです。家族にはおおむね好評でした。

 

 

翌日に食べてみた

モンブランロール

 

実は僕が食べたのはこの翌日。

 

お店の店員さんは「本日中に食べてください」って言ってたけど、翌日でも変わらぬ存在感。

 

口に入れた瞬間、脳ミソからとけそうになります。ウマすぎて。

 

前回の記事でも言いましたが、僕は味に関する表現力がありません。『まったりとして』とか『甘さ控えめで美味しい』とか『下の上でとけるような』とかの言い回しができません。そのあたりの微妙な感じ方が欠如しているからでしょう。舌が肥えていないというか。

 

だからぼくが言い表せるのは『うまい』か『そうでない』か。だいたいどんなものでもウマく食べてしまうほうですから『マズイ』と感じることはほとんどありません。自分で作った失敗作くらいでしょう、そう感じるのは。

 

それからすると、当たり前だけど『うまい』。もともとが「モンブラン好き」なんだから『うまい』になるに決まっています。マロンクリームうまし、栗うまし。

 

唯一、感じたことはスポンジの部分は割と普通な感じだったかナという程度。それとて別に不満はありません。必要にして十分。

 

結局この日はムスコが食べなかった分までぼくが食べてしまいました。これがショートケーキやチョコレートケーキならそんなことはせず、家族の誰かに譲ってあげるのですが、ことモンブランにおいてはそういうわけにはいかないのです。

 

ホントに好きなんです、モンブラン。

 

 

モンブラン関連の記事

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.