質屋アプリ「CASH」に仰天!売りたいブランド品がたくさんある人は使えるよ!

 

いつも新しいものを教えてくれるイケダハヤト氏のツイート。

 

 

朝の電車の中で読んで仰天しました。

 

何これ、すごすぎ!

 

cash

 

cash

 

cash

 

cash

 

写真を撮るだけで査定される?

 

すぐに入金

 

おまけに家まで集荷に来てくれるの?

 

すごくね、それ?

 

すぐにダウンロードしました。

 

スポンサーリンク

「CASH」の登録は驚くほど簡単

 

そしてそのまま登録へ。

 

「はじめる」を押すと電話番号の入力画面になります。

 

 

「規約に同意してSNSを送る」ですぐにスマホにメッセージが届くのでそこに書かれた番号を入力する。

 

すると…

 

これだけ?

 

もう始められるの?

 

電話番号しか入れてないのに?

 

…こんなに登録が簡単なアプリは初めてです。いいの?これで?

 

 

「CASH」の手順

 

「まずはここから」を押すと画面が進みます。

 

 

「ブランド」「カテゴリ」「コンディション」を入力して初めてアイテムの撮影ができます。

 

ちなみに「ブランド」ですがこれが果てしなく多い。

 

 

Apple、SONYから始まっています。どういう規則性で並んでいるのかは分かりません。

 

まあ、その多いこと多いこと。

 

どんなにスクロールしても終わりが見えてきません。世界にはこんなにたくさんのブランドがあるのかい。

 

ファッションブランドの「カテゴリ」はこんな感じ。

 

cash

 

この中から「バッグ」を選ぶとその先さらに細分化されます。

 

 

ルイ・ヴィトンだとこんなふうになるわけですね。

 

 

 

「CASH」で査定してみる

 

家に帰って続きにとりかかりました。

 

Twitterでの情報からどうやら

 

ブランド品でないと査定できない

 

ということが分かりました。ここで少々モチベーションがダウン。

 

だってウチにはそんなにブランド品がないし。

 

ただ、ブランド品といってもルイ・ヴィトンとかカルティエとかモンクレールとかのスーパーブランドである必要はありません。洋服や雑貨などの一般の人は知らないようなブランドでも大丈夫。

 

要は「ブランド名」があること

 

逆を言えば、どんなに品質のいい商品でも「ブランド名」がなければ査定することはできません

 

ま、ウチにはそんな品質のいい商品もないけどね。

 

でもとにかくこの「CASH」を試してみたくてしょうがないのでなんとか一つだけ引っ張り出しました。

 

靴です。というかスニーカー。

 

靴関係は難しいかな?

 

まず「ブランド」からブランド名を検索し、「カテゴリ」を入力。

 

 

「スピングルムーブ」というのは、あまり知っている人はいないでしょうが、日本の靴メーカーのスニーカーです。まさかあるとは思わなかった。

 

コンディション」はこの中から選びます。

 

 

買ってから外で2回、10分くらい履いているので☆3つ「状態良好」にしました。

 

では撮影です。

 

パシャ!

 

 

写すと即、査定が始まります。めっちゃ早い。

 

スロットのように数字が動いて…

 

チーン!

 

cash

 

1,000円かいっ!

 

安っ!

 

3,000円くらいになればいいな~と思っていたのですが、これじゃ迷うまでもない。

 

下のほうにうす~く書いてある「今回はキャッシュにしない」を押しました。

 

「キャッシュにする」を押すとすぐに入金されるようですね。

 

その後は下のいずれかを選択します。

 

  • 商品を提供する
  • 15%の金利をつけてお金を返す

 

15%というのは決して安い金利ではないので、基本的には商品を提供するつもりで行ったほうがよさそうです。

 

 

「コンディション」は影響するの?

 

本当はもっとやりたかったけど、もうそんなブランド品がない。残念。

 

でも終わる前にひとつ試してみました。

 

さっきのコンディション、ちょっとかさ上げしたらどうなるのか?

 

ということで、今度はあえて☆5つ「新品・未使用品」にしてみました。

 

もちろんこれは実験ですよ?ウソついてお金をふんだくろうとしているわけではないですからね?…たぶん…

 

 

くれぐれも本当に売ろうとしているときはやっちゃいけませんよ?実験ですからね?

 

どりゃっ、査定開始!!

 

カタカタカタカタ…

 

チーン!

 

cash

 

100円ふえた♪

 

どうやら一応コンディションも影響しているらしい。

 

ま、1,000円が1,100円に上がったところでほとんど影響はないけどね。

 

でも10万のものだと11万になるってことかな?

 

あ、「cash」は上限2万円だった。

 

とにかくヘンなことを考えてはいけません。

 

ブランド品をたくさん持っているなら「CASH」は使える

 

売りたいブランド品があれば重宝しそうです。

 

ウチは関係なし!

 

これがブランド品だけでなくて本とかCDでもいければいいのになー。

 

それと、査定、入金の速さも魅力的ですが、私が惹かれたのは「集荷に来てくれる」こと。

 

これがとてもよく思えました。

 

だって自分で送るのって面倒くさいじゃないですか。封筒買って、梱包して、宛名書いて、出しに行って、なんて。

 

平気な人は平気なんだろうけど、私のようなものぐさからすると郵送作業がめんどくさすぎ!

 

その点、集荷に来てくれるなんて理想的です。

 

このやり方で本やCDが売れたら画期的なんだけどなー。

 

というわけで「CASH」、試してみる価値はありますよ~

 

 

通勤からデートまで使えるかっこいいバッグなら「フェリージ」をおすすめする理由

2017.09.12

【仮想通貨】ビットコインとVALUで4万円が7万円になった経緯をお話します[追記あり]

2017.10.14

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です